ベビーチェアにはクッションをひいてあげましょう!

ベビーチェアは種類が豊富で選べる楽しさがある一方で、我が子に使用させるタイプがなかなか決められずにいるという方も少なくありません。

しかし、自分で座れるようになったり、離乳食になると、座れる物が無ければ上手く子育てしていくことができず、必要に迫られて買い求める必要性が出てきます。

ベビーチェアにはいくつかの種類があるので、それぞれの特徴を理解しておけば必然的に買い求めるべきものは定まり、選びきれないといった悩みは解消されます。

ベビーチェアの高さが低いタイプは赤ちゃんが落下してしまうリスクが小さいので、親が冷や汗をかくことがなく落ち着いて面倒をみることが可能です。しかも、小型であるため価格帯も低めに抑えられており、ベビーチェアの中では最も安く千円から三千円ほどで手配できます。

一方、高さが高いベビーチェアは、座った時の目線が高くなるタイプであり、身体に設置する部分が密着する構造になっているので、落ち着き無く動いたとしても落下したりテーブルの上にある料理をこぼしてしまうリスクは低いです。

このようにベビーチェアは高さなど色々な違いがありますが、全てに通ずるのはクッションをお尻の下に敷いてあげた方が、赤ちゃんにとって座りやすくなることです。

基本的には座面が木でできていて直接的に座ってしまうとお尻が痛くなってしまうので、長い間過ごしていると不快感を覚えてしまいます。

ところが、クッションを一枚敷くだけで柔らかい座り心地になりますし、冷たさもありません。

子供のためにもぜひベビーチェアにはクッションをひいてあげましょう!

ベビーチェアベルトの機能と選ぶ際のポイント

赤ちゃんが成長してくると、次第にテーブルで食事をするようになってきますが、背の低い赤ちゃんでもテーブルで快適に食事をとれるようにしてくれるのが、ベビーチェアの存在です。一般のチェアよりも座面が高い位置にあるため、そこに赤ちゃんを座らせればテーブルの位置に持っていくことができます。テーブル付きであれば、ちょうどよい位置で食事をとれるので便利です。

ベビーチェアがあると便利ですが、ベルトが付いていないチェアしかない場合、座らせると赤ちゃんが転げ落ちる危険があります。いつでも赤ちゃんに適した環境で食事をとれるとは限りません。しかし、ベビーチェアベルトという商品を持っていれば、どのような場面でも安全に赤ちゃんを座らせることができます。大人用のチェアにも装着できるものがありますから、対応できる範囲が広いベルトを持っていれば、とても役に立ちます。

選ぶ際に最も重視したいのが、安全性の高さです。ベルトを装着しても、しっかりと固定されない、切れてしまうなどの品質の悪い商品では意味がありません。しっかりと赤ちゃんを守れる、安全性の確かな高品質の商品を選ぶようにします。

使い勝手の良いものを選ぶのも大切です。女性1人でも簡単に装着できる、取り扱いの簡単な商品が便利です。多くの商品が生後67ヶ月の赤ちゃんを対象としています。しかし、赤ちゃんの成長には個人差がありますので、体の大きさやおすわりの状態をチェックしてから適した商品を選ぶようにします。

ロータイプのベビーチェアのメリット

離乳食を食べるようになったお子様には、食事をする時にベビーチェアは、欠かせない必需品になっています。

ロータイプのベビーチェアは、ハイタイプの商品に比べると低いので、赤ちゃんの足が付くのが特徴です。

ロータイプのベビーチェアは、親御さんが座って食事をさせることができるので、利便性が高くなっています。

赤ちゃんの体をしっかりと固定できる安定性の高い商品が、数多く販売されているので、気に入った商品を見つけやすくなっています。

赤ちゃんは体調を崩しやすく、体がデリケートなので、自然素材を使用したロータイプのベビーチェアがお勧めです。

家具の専門店に足を運ぶと、豊富なデザインやカラーの商品が揃っているため、じっくりと時間を掛けて選んで下さい。

近くのお店では、品揃えが少ないと感じている人は、インターネット通販のお店を利用すると便利です。

お子様には食育は大変重要になってきますが、しっかりと体を固定して、食事ができるロータイプは、根強い人気があります。

マンションなどの狭い部屋で生活をしている人は、ハイタイプの商品よりも、場所を取らないロータイプがお勧めです。

比較的お値段がリーズナブルな商品も、数多く販売されています。

ベビーチェアはレンタルがお手軽!

ベビーチェアを購入するかどうか迷っている人はレンタルという方法もあります。子どもが小さい時にしか使わないものは、レンタルでも十分にカバーすることができます。使わなくなったときに廃棄する手間やお金もかかりませんし、期間を決めて使うので、その後に子どもに合ったものを買うこともできます。

ベビーチェアの場合、子どもが嫌がることもあるので、最初から買わないでレンタルで様子を見てから購入を決めるという人も増えています。確かにその方が自分の子どもに合ったものを購入しやすいでしょう。一定期間のみの使用の場合は買うよりも安いかもしれません。様々なタイプのベビーチェアがあるので、お試し期間としてのレンタルを利用することも賢い方法です。期間を決めて借りるので、その後使わなくなったら返すだけというのも手軽さを感じさせます。住む場所に合わせたベビー用品を選ぶことも可能です。

また、引っ越しなどの予定がある人にもレンタルは人気です。そこに住んでいるときだけの契約をしておけば、引っ越しの際の荷物を減らすことができます。レンタルは様々な面からも使いやすく、豊富な種類の中から選ぶことができるサービスも増えていることから人気が高まっています。

折りたたみ式のベビーチェアの選び方

遊ばせる時や食事をさせる場合など、さまざまな場面で役に立つベビーチェアの購入を考えているご家庭も多いでしょう。ただ、いろんなタイプがあるので、いくつかあるポイントを押さえておきたいものです。中でも折りたたみ式のベビーチェアを選ぶなら、注意が必要です。

・折りたたみ式のベビーチェアの注意点

使わない時は折りたたんでおくことで、スペースを取らないので便利です。ところが、広げる際には子供が手や足を挟んでしまわないように気をつけなければいけません。メーカーによっては安全装置がついているものや、折れる部分には指を入れる余地がない構造になっているものもあるため、心配ならそのようなベビーチェアを探しましょう。

また、何歳まで使うのかをあらかじめ考えて選ぶというのも良い方法です。比較的大きくなるまで使用するつもりなら、同じ折りたたみ式のベビーチェアの中でも、樹脂より木製のものにしておくと壊れにくいです。キャラクターの絵が描かれているものも子供が喜ぶのですが、時間の経過とともに剥げてくるタイプもあって、洋服が汚れたり塗料をなめたりするかもしれません。そのため、購入する前に店員さんに聞いておくか、同じベビーチェアを使用しているママ友から問題ないかをリサーチしておくと安心です。

ベビーチェアのハイタイプを選ぶ時のポイントは?

子どもが生まれて新しい家族が増えると、家の中の環境も子どもの成長に合わせて変わっていきます。生まれた子どもが少しずつ成長して出来ることが増えていくことは、家族にとっても大きな喜びになります。

子どもが座ってものを食べるようになったり、自分で食事を食べる練習がはじまると本格的に必要になるベビーチェアは、今では0歳から使えるものや、成長に合わせて形を変えていくタイプなど色々あります。動くようになると抱きながらではご飯をあげにくくなりますが、ベビーチェアを使うことで、椅子に座る・座って食べるという習慣をつけたり、食事もあげやすくなります。

・ベビーチェアを選ぶ際のポイント

購入時には、子どもや家族の生活環境に合わせて購入時期やタイプを選ぶことが大切です。ハイタイプのベビーチェアは、高めのテーブルで食事をしている家庭環境にマッチしています。高さが調節できるタイプも多く、家庭の机の高さに合わせて椅子を設置することが出来ます。また、ベルトや安全バーが着いているかも選ぶ際のポイントになります。子どもは急に立ち上がったり、予想外の動きをすることがありますが、椅子から落ちてしまうリスクを予防する事が出来ます。
その他のポイントとしては、ベビーチェアには対象年齢や体重などで使用可能期間が決まっており、その時期はそれぞれの商品で異なります。どの程度まで使用するかも考えた上で購入することが大切です。

ベビーチェアの人気ブランドを複数紹介

ベビーチェアのブランドは様々あり、定番から人気のものまで幅広いです。

①ストッケ トリップ トラップ

stokke-chair

独創的で高級ハイチェアの一つですが、もはや定番です。

カラーも数多く出ており、座る位置だけでなく、足板も高さの調整が可能で人気です。

 

②大和屋 すくすくスリムフィットチェア テーブル&ガードつき

yamatoya

省スペースで利用可能です。カスタムがとても便利で、工具不要です。

 

③マジカルチェア

smile

ベビーガードの取り外しが可能で、アジャスター付きです。

成長に合わせて、椅子の高さ調整も可能です。

 

④カトージ プレミアムベビーチェア

katogi-chair

13段階の細かい調整と60キロまで対応可能です。テーブルの周りにふちがありますので、食べ物がこぼれません。

 

⑤ネイキッズ キッズハイチェア

na-kids

ウレタン素材を採用しており、すわり心地が抜群です。更に汚れに強く、拭くだけできれいになります。

Amazonでの評価も★4.6(2017年8月調査時)と非常に高くなっております。

 

⑥ベビービョルン ハイチェア

ベビービョルン-チェア

スタイリッシュな見た目が近未来的です。

抱っこ紐で人気のベビービョルンですが、ベビーチェアも人気です。

人間工学に基づき製作されていますので、姿勢もサポートできます。

 

⑦カトージ ベビーチェア ボメ

高級感あふれる見た目がベビーチェアには見えません。テーブル付きで、テーブルを外すと大人用としても利用可能です。

赤ちゃんの為にもベビーチェアは必ず必要です。赤ちゃんが気に入る物を選んであげてください。