ロータイプのベビーチェアのメリット

離乳食を食べるようになったお子様には、食事をする時にベビーチェアは、欠かせない必需品になっています。

ロータイプのベビーチェアは、ハイタイプの商品に比べると低いので、赤ちゃんの足が付くのが特徴です。

ロータイプのベビーチェアは、親御さんが座って食事をさせることができるので、利便性が高くなっています。

赤ちゃんの体をしっかりと固定できる安定性の高い商品が、数多く販売されているので、気に入った商品を見つけやすくなっています。

赤ちゃんは体調を崩しやすく、体がデリケートなので、自然素材を使用したロータイプのベビーチェアがお勧めです。

家具の専門店に足を運ぶと、豊富なデザインやカラーの商品が揃っているため、じっくりと時間を掛けて選んで下さい。

近くのお店では、品揃えが少ないと感じている人は、インターネット通販のお店を利用すると便利です。

お子様には食育は大変重要になってきますが、しっかりと体を固定して、食事ができるロータイプは、根強い人気があります。

マンションなどの狭い部屋で生活をしている人は、ハイタイプの商品よりも、場所を取らないロータイプがお勧めです。

比較的お値段がリーズナブルな商品も、数多く販売されています。

ベビーチェアはテーブル付きが良い?

ベビーチェアには様々なタイプがあります。

既存の大人用ダイニングチェアに取り付けて使えるタイプもあれば、
脚長で単体でダイニングテーブルの高さに届くハイタイプ、
テーブルが付いているタイプなどがあります。

では、購入するときはテーブルは付いていた方がいいのでしょうか。

・テーブル付きのメリット

まず、元々付属で付いていると赤ちゃんがダイニングテーブルをどんどん叩いたり、上にのっているお皿などをひっくり返す心配が要りません。また、付属で付いているならダイニングテーブルと高さを合わせなくても、すぐに使えます。

・テーブル付きのデメリット

みんなが使うテーブルからは距離が離れてしまうので、食べさせたりする時はすぐ近くに行かなければいけません。また、赤ちゃんが自分でしっかり食べられる頃には、付いていない方が同じ食卓を囲めるので、みんなで一緒に食べることができます。

 

このようにテーブル付きのベビーチェアにはメリット、デメリットがあります。後々のことを考えると付いていなくてもいいのですが、最初は付いている方が使いやすいという方もいます。そして、最近は取外し可能なタイプもあるので、この場合は必要な時だけ付けて使用し、成長するに従い、取り外して使うといった便利な使い方も可能です。

折りたたみ式のベビーチェアの選び方

遊ばせる時や食事をさせる場合など、さまざまな場面で役に立つベビーチェアの購入を考えているご家庭も多いでしょう。ただ、いろんなタイプがあるので、いくつかあるポイントを押さえておきたいものです。中でも折りたたみ式のベビーチェアを選ぶなら、注意が必要です。

・折りたたみ式のベビーチェアの注意点

使わない時は折りたたんでおくことで、スペースを取らないので便利です。ところが、広げる際には子供が手や足を挟んでしまわないように気をつけなければいけません。メーカーによっては安全装置がついているものや、折れる部分には指を入れる余地がない構造になっているものもあるため、心配ならそのようなベビーチェアを探しましょう。

また、何歳まで使うのかをあらかじめ考えて選ぶというのも良い方法です。比較的大きくなるまで使用するつもりなら、同じ折りたたみ式のベビーチェアの中でも、樹脂より木製のものにしておくと壊れにくいです。キャラクターの絵が描かれているものも子供が喜ぶのですが、時間の経過とともに剥げてくるタイプもあって、洋服が汚れたり塗料をなめたりするかもしれません。そのため、購入する前に店員さんに聞いておくか、同じベビーチェアを使用しているママ友から問題ないかをリサーチしておくと安心です。

ベビーチェアのハイタイプを選ぶ時のポイントは?

子どもが生まれて新しい家族が増えると、家の中の環境も子どもの成長に合わせて変わっていきます。生まれた子どもが少しずつ成長して出来ることが増えていくことは、家族にとっても大きな喜びになります。

子どもが座ってものを食べるようになったり、自分で食事を食べる練習がはじまると本格的に必要になるベビーチェアは、今では0歳から使えるものや、成長に合わせて形を変えていくタイプなど色々あります。動くようになると抱きながらではご飯をあげにくくなりますが、ベビーチェアを使うことで、椅子に座る・座って食べるという習慣をつけたり、食事もあげやすくなります。

・ベビーチェアを選ぶ際のポイント

購入時には、子どもや家族の生活環境に合わせて購入時期やタイプを選ぶことが大切です。ハイタイプのベビーチェアは、高めのテーブルで食事をしている家庭環境にマッチしています。高さが調節できるタイプも多く、家庭の机の高さに合わせて椅子を設置することが出来ます。また、ベルトや安全バーが着いているかも選ぶ際のポイントになります。子どもは急に立ち上がったり、予想外の動きをすることがありますが、椅子から落ちてしまうリスクを予防する事が出来ます。
その他のポイントとしては、ベビーチェアには対象年齢や体重などで使用可能期間が決まっており、その時期はそれぞれの商品で異なります。どの程度まで使用するかも考えた上で購入することが大切です。